ものづくり

  • HOME
  • 安全がすべてに優先する

安全がすべてに優先する
~安全から始まるものづくり~

こちらでは、日本フルハーフ株式会社の安全に関する様々な取り組みをご紹介します。

安全がすべてに優先する

危険を体感し、意識を変える

危険を体感し、意識を変える

質の高い製品とサービスをつくり、提供する。これは日本フルハーフが常に目指していることです。そして、その目標を達成するためには、従業員の安全と健康がすべての基盤であると考えています。
そこで当社が徹底しているのが、全社員参加による安全衛生活動への取り組みです。目的はもちろん、事故やケガのないものづくり現場の実現。そのために当社では過去の経験から学んだ体感型の施設「安全体感道場」を設置し様々な危険を体感することで安全への意識を高める取り組みを行っています。

危険を体感し、意識を変える

ものづくりの現場で社員を守る。そして社員を守ることで製品の質を高め、社会の流通に貢献する。そのための取り組み、改善の努力を当社は怠りません。

KYT・RA教育

KYT・RA教育

上記に加えて、より具体的、実践的な事故防止策を検討・習得する場として、当社では「KYT(=危険予知トレーニング)」を実施しています。危険の芽を見逃してしまえばいずれ重大な災害につながるかもしれない大きなリスクであるととらえ、社員同士で必ず共有するようにしています。

KYT・RA教育

日々の危険予知トレーニングに加え、設備操作や作業における「RA=リスクアセスメント」研修を行い、危険を見つけるスキルを学ぶ機会を設けています。

社員一人ひとりが作業現場の潜在的なリスクを認識し、対策する力を身に付けることで、現場の安全レベル向上に繋げています。