2018.10.31

フィリピン共和国Centro社との覚書調印について

2018年10月31日

神奈川県厚木市上依知上ノ原3034番地
日本フルハーフ株式会社
URL:http://www.fruehauf.co.jp/

   2018年10月24日、日本フルハーフ株式会社(本社:神奈川県 代表取締役社長:昼間弘康 以下「当社」)は、フィリピン共和国のM.Lopez貿易産業大臣の立会いの下、同国大手車両架装メーカーCentro Manufacturing Corporation(以下「Centro社」)とフィリピン国内に冷凍冷蔵ボディ生産会社(以下「JV」)の設立を検討する旨の覚書(MOU)を、マニラ市内にて調印したことをお知らせいたします。

   フィリピンは、近年高い経済成長を実現しており、2015年の中古車強制代替令を機に、当社は、2016年から当社グループの山東ツォンリンフルハーフ(中国山東省、以下「CLFH」)よりCentro社へウィング車体キットの供給を開始し、以後、順調にビジネス関係を構築して参りました。
   今般、今後さらにコールドチェーン市場の成長が見込まれるため、冷凍冷蔵車ボディの合弁事業について協議を進めることになりました。

   JV設立後は、高品質・軽量で耐久性の高い冷凍冷蔵ボディの現地生産により、同国のコールドチェーンの発展に貢献できるとともに、CLFH(中国)・フルハーフマハジャック(泰国)との連携によるグループネットワークの強みを活かし、アジアにおける「フルハーフ」ブランドの更なる浸透を企図しております。

以上


<参考>

Centro社の概要

・会社名 Centro Manufacturing Corporation  (代表者:Raphael T. Juan 1996年10月設立)
・所在地 2 Susano Road, Barrio Deparo, Novaliches Caloocan City Philippines
・資本金 約1.2億円
・従業員数 約700名
・事業内容 トラック車体の製造、販売

10月24日から開催されたマニラ国際モーターショーにおいて、日本フルハーフのタイ現地法人フルハーフマハジャックで製作した冷凍冷蔵ボディキットを組み立てた冷凍冷蔵車を2台展示、発表しました。

お問い合わせ先:海外事業統括部 TEL:03−5715−0149