2015.10.05

 日本フルハーフ 第45回東京モーターショー2017に出展

2017年10月5日

神奈川県厚木市上依知上ノ原3034
日本フルハーフ株式会社
URL:http://www.fruehauf.co.jp/

 

    日本フルハーフ株式会社(本社:神奈川県厚木市、社長:昼間弘康)は10月27日(金)から11月5日(日)まで東京都・東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショーに2台の参考出品車を展示します。

出展コンセプト:「安全・安心・高効率で 日本フルハーフはいつも荷物のそばに。」

   日本フルハーフは安全・安心・高効率を第一に考え、さらにボディを進化させます。
原材料だけでなく、食料、衛生品、部品など大切なものはほとんどトラックやトレーラで 運びます。日本フルハーフはいつも荷物のそばに。大切な荷物を守りながら受け取る人たちへ。
ショーではこのコンセプトのもと、次世代のトラック用ボディの提案をします。

展示場所:東ホール屋外展示場、一般社団法人日本自動車車体工業会合同展示ブース内

<出品概要>
1.オイルレス機構搭載 次世代大型ウィングルーフ車 (参考出品)

   ウィングルーフがさらに進化。安全性とメンテナンス性、積載効率の向上を追及しました。
次世代ウィングルーフ車の提案です。

 

オイルレスウィング …油圧式に比べオイルの定期交換が不要になり、メンテナンス性が向上。消費電力も少なくなり、バッテリー負荷が軽減されます。またアクチュエータやコントローラの異常を検知し、故障を予防します。オイル漏れのリスクが無く環境に配慮しています。

2段積み用棚 …サイズ違いの荷物の混載時に見られる不安定な積み方を無くし、荷役作業の安全と荷物の保護に効果的です。アオリラッシングレールにワンタッチで装着し、荷役作業の効率化を図ります。

 

格納式ステップ …トラック荷台への乗り降りの負担軽減に貢献。荷役作業の安全性を向上します。

ハイマウントフラッシャー&ストップランプ …車高灯の位置にフラッシャーランプ、ストップランプを配し、後続車に注意を促します。

 

2.電気式中型温度管理車 (参考出品)

   主に食品を運ぶ温度管理車は積荷の状態管理が重要です。日夜、タイムスケジュールが厳しい運行の中でドライバーがより安全運転に集中できるように、荷室や車両周り、テールゲートリフターに新たな提案をいたします。

電気式冷凍機(e-Chilno) …エンジン低回転時の能力低下を抑制。冷凍機運転にかかる燃料を低減。ドア開放時冷凍機停止機能により、室内冷気の流出防止、結露、霜付きを防止します。

軽量中仕切り …庫内を2室に仕切り、車両前部を冷凍または冷蔵帯に、後部を加温帯として分け、軽量中仕切りにより簡単に仕切りの位置を変えることができます。

床加温装置 …庫内隅々まで均一に暖めます。中仕切りの位置をセンサーで把握し、加温範囲を自動で設定。必要以上の加温を止め、省エネに貢献します。

オイルレステールゲートリフター …オイルレス機構により、ランニングコストを低減。故障診断も可能です。その他に安全機能として、フロアマーカーランプ、セーフティフット機構、セーフティロールストッパーを装着しています。

その他にコーナーLED室内灯、天井結露防止シート、ローラー式当たりゴム、自動閉式保冷カーテン、格納式ステップなど、安全、安心、高効率のための装置を備えています。

日本自動車車体工業会の東京モーターショー2017の紹介ページもご参照ください。

第45回東京モーターショー2017

以上

 

お問い合わせ先:営業推進部    TEL:03−3474−5641